月経困難症・月経前症候群(PMS)

月経困難症

月経困難症とは?

月経困難症とは?月経痛(生理痛)が、日常生活に支障をきたすほどひどいことを、月経困難症と呼びます。
腹痛、腰痛などが強く現れ鎮痛剤が必要である、出社や登校ができないといったケースは、月経困難症と判断されます。
症状としては、腹痛、腰痛、嘔吐、ふらつき、頭痛、食欲不振、気分が優れない、などが挙げられます。

月経困難症の原因は?

月経困難症は、その原因によって大きく以下の2種類に分類されます。

ホルモン分泌の異常による月経困難症「機能性月経困難症」
女性ホルモンには、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどがありますが、それらの分泌の異常によって起こるのが機能性月経困難症です。
特に黄体ホルモンは、月経痛の原因となる物質を増やす性質があり、腹痛、腰痛を引き起こすことがあります。

器質的異常によって起こる月経困難症「器質性月経困難症)」
子宮内膜症や子宮筋腫などを原因として起こる月経困難症を、器質性月経困難症と呼びます。
近年、子宮内膜症の件数が増加傾向にあります。20代前半の方が子宮内膜症を患うケースも珍しくありません。子宮筋腫も、若い方にも見られる病気です。
これらの病気を原因として、月経困難症の症状が現れることがあります。

月経困難症の治療

月経困難症の治療月経困難症の原因を探り、機能性月経困難症なのか、器質性月経困難症なのかを判断し、治療法を選択します。
器質性月経困難症の場合は、その原因となっている疾患の治療を行います。一方機能性月経困難症と診断された場合には、以下のような治療を行います。

鎮痛剤の服用:鎮痛剤とは、いわゆる痛み止めのことです。鎮痛剤によって、腹痛や腰痛などの痛みを緩和します。

ピルの服用:機能性月経困難症の原因となっている、卵巣から分泌される黄体ホルモンの分泌異常を抑制するため、ピルを服用していただきます。排卵を一時的に止め、月経困難症の症状を緩和します。

※ピルの効果…ひどい痛みでお悩みの方も、ピルの服用により家事、仕事、学校生活を楽に過ごせるようになるケースがほとんどです。また、ピルの服用中は排卵が止まりますので、ほぼ100%の避妊効果があり、経血量も大幅に少なくなります。
つまりピルの服用は、月経困難症だけでなく、月経前の体調不良を伴う月経前症候群でお悩みの方にも有効な手段と言えます。

 

漢方薬:女性特有のお悩みには、漢方薬の服用も有効とされています。当帰芍薬散、桂皮茯苓丸、加味しょう遥散などがよく知られています。
患者様のお身体や症状に合わせたものを選択します。

月経困難症の症状でお悩みの方は、堺市南区の産婦人科・竹山レディースクリニックまでご相談ください。

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)とは?

月経前症候群(PMS)とは?お腹の張り、イライラ、抑うつなどの症状が月経前に現れる方は、月経前症候群(PMS)を疑う必要があります。
症状が月経の10日前から3日前までに現れ、月経が開始されると軽減・消失するのが特徴です。身体と心に強く症状が出ることもあります。
月経のある女性のうち、3~5%の方が月経前症候群だと言われています。
月経前症候群(PMS)の主な症状:お腹の張り、乳房痛、頭痛、手足や顔のむくみ、イライラ、抑うつ、不安感など。

月経前症候群(PMS)の原因は?

残念ながら、はっきりとした原因は解明されていません。ホルモンバランスの乱れやストレスと関係があるのではないかと言われています。

月経前症候群(PMS)の治療

月経前症候群の治療には、主に以下の方法で対応します。

お薬を使わない方法:カウンセリング、認知行動療法、食事療法、サプリメント、適度な有酸素運動など

SSRls:選択的セロトニン再取り込み阻害剤

ホルモン療法:経口避妊薬、EP合剤(ヤーズ配合錠)、プロゲストーゲン、ダナゾール、GnRHアゴニスト、抗プロラクチン薬

漢方治療・ハーブ療法

ビタミン療法:ビタミンB6など

対症療法:向精神薬、抗うつ薬、抗不安薬、スルピリド、睡眠導入剤(スピロノラクトン)、トリプタン系薬剤(片頭痛治療薬)、NSAIDs、胃腸薬

外科的療法:両側卵巣摘出術

月経前症候群(PMS)の症状でお悩みの方は、堺市南区の産婦人科・竹山レディースクリニックまでご相談ください。

tel.072-292-3500 メール相談 24時間WEB予約 WEB予約ご利用方法
一番上に戻る