ピル・モーニングアフターピル

低用量ピル

低用量ピルとは?

低用量ピルとは?低用量ピルとは、「低用量経口避妊薬」のことを言います。Oral Contraceptiveを略して「OC」と表記されることもあります。
低用量ピルは、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを含有しており、高い避妊効果をはじめとし、さまざまな女性特有のお悩み改善が期待できます。妊娠を希望されるようになれば、服用を止めることで妊娠できる状態へと戻すことができます。ピルの服用を検討されている方は、堺市南区の竹山レディースクリニックまでご相談ください。

低用量ピルの副効用

低用量ピルは、99.8%以上と言われる避妊効果以外にも、さまざまな副効用を持ちます。

  • 月経痛の緩和
  • 月経周期の安定化
  • 子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がん、大腸がんの予防
  • ニキビ改善

低用量ピルの気になる副作用

低用量ピルには、主に以下のような副作用があります。自己判断での服用はせず、必ず医師の指示に従って正しく服用しましょう。

  • むくみ
  • 頭痛
  • 軽度の吐き気
  • 少量の不正出血
  • 性欲の減退
  • 体重の増加傾向

中用量ピル

中用量ピルとは?

中用量ピルとは、その名の通り、卵胞ホルモン、黄体ホルモンを低用量ピルより多く含むタイプのピルです。
多くの場合、月経困難症の改善、生理不順の改善を目的として使用されています。
排卵後の女性ホルモンを補うことから、妊娠の可能性も高まります。不妊症治療でも使用されます。

中用量ピルの副効用

中用量ピルは、月経困難症の改善、生理不順の改善の他、月経の移動(早める/遅らせる)アフターピルとしての避妊効果といった副効用を持ちます。

中用量ピルの気になる副作用

中用量ピルには、主に以下のような副作用があります。自己判断での服用はせず、必ず医師の指示に従って正しく服用しましょう。

  • 吐き気、嘔吐
  • 食欲減退
  • 発疹や湿疹による肌の痒み
  • 肝臓の機能異常
  • 不正出血
  • 乳房の緊満感
  • 血圧の上昇
  • 便秘、下痢
  • 口内炎
  • 眠くなる
  • 神経過敏
  • 色素沈着
  • ほてり
  • 腰痛、肩こり

ピルを服用できない方

次の項目に当てはまる方は、基本的にピルを服用できません。該当するかどうかご不明な場合には、ご相談ください。

  • 乳がん、子宮がん、子宮頸がんの方、またはその可能性のある方
  • 性器から原因不明の出血がある方
  • 35歳以上で、毎日15本以上喫煙される方
  • 前兆が見られる偏頭痛が認められる方
  • 血栓症にかかったことのある方
  • 手術直後、出産直後の方
  • コレステロール値や中性脂肪値の異常を指摘されている方
  • 中程度以上の高血圧の方
  • 妊娠している、またはその可能性のある方、授乳中の方
  • 40歳以上の方や、肥満の方

ピルの服用方法

ピルの服用方法ピルの基本的な服用方法をご紹介します。
ただし、ピルを服用する際には、必ず担当の医師からの服用方法の指示を守ってください。また、ご自宅で服用方法が分からなくなった、何らかの不安が生じたといった場合には、以下の方法を参考にするのではなく、必ず処方した医療機関やその医師に確認するようにしてください。

低用量ピル

1日1回、1錠を、毎日同じ時間帯に服用します。
生理の初日から服用を開始し、3週間継続したあと、1週間服用を中止します。この中止期間に出血がありますが、これは排卵を伴わない無排卵月経です。
以上を1セットとして、以降はこれを繰り返します。

中用量ピル

生理不順(月経不順)の場合

1日1回、1錠を、毎日同じ時間帯に服用します。
生理の初日を1日目とし、その5日目から3週間、服用を続けます。

月経移動(早める/遅らせる)の場合
  • 月経を早める
    早めたい月経の、1つ前の月経が開始してから5日目までの間に服用を開始し、早めたい月経の開始希望日の2、3日前まで続けます。
    服用を停止してから2、3日程度で、月経が始まります。
  • 月経を遅らせる
    月経開始予定日の5日前から服用を開始し、月経を避けたい日まで続けます。服用中は、月経が開始されません。
    服用を停止してから2、3日程度で、月経が始まります。10日程度の月経移動は、お身体への負担はほとんどないと言えます。

ピルの費用

ピル 2,500円(税込)/1ヵ月

モーニングアフターピル

モーニングアフターピルとは?

モーニングアフターピルとは当クリニックでは、避妊ができなかった、失敗してしまった場合に使用する緊急避妊薬「モーニングアフターピル」を処方しております。
モーニングアフターピルは、計画的な避妊で服用するピルとは異なります。

  • コンドームが破れてしまった、外れてしまった
  • 雰囲気に流され、避妊できなかった
  • 普段飲んでいる低用量ピルを飲み忘れてしまった
  • その他、妊娠を望まないのに、妊娠対策をとれなかった

といった場合、性交後72時間(3日)以内に服用することで、高い避妊効果が得られます。

モーニング・アフターピルが必要な方は、堺市南区の竹山レディースクリニックまでご来院ください。

ノルレボ錠

当クリニックでは、モーニングアフターピルとして、1度の服用で高い避妊効果が期待でき、副作用の少ない「ノルレボ錠」を採用しております。

服用方法

性交後72時間(3日)以内に服用すれば、高い避妊効果が期待できます。

注意点

  • あくまで緊急用の避妊薬であり、服用時には一時的にホルモンバランスが大きく乱されます。連続使用や、モーニングアフターピルの服用を前提とした性交は行わないようにしてください。
  • モーニングアフターピル服用前後には、アルコールを控えてください。副作用が強く現れたり、ピルの成分の排出が促され、十分に効果を得られない場合があります。
  • 副作用として、吐き気を感じることがあります。これは、食後に服用することである程度抑えることができます。

避妊効果

ノルレボを含むモーニングアフターピルは、100%の避妊効果が保障されているわけではありません。
WHO(世界保健機関)のデータでは、性交から72時間以内に正しくモーニングアフターピルを使用すれば、98%の避妊効果があるとされています。

服用は、少しでも早く

モーニングアフターピルは、性交後、早く飲めばそれだけ避妊の成功率が向上すると報告されています。24時間以内の服用が理想的です。

※性交後72時間(3日)が過ぎてしまった
性交後72時間(3日)が過ぎてしまえば、避妊の成功率が大きく下がります。ただし、全く意味がないというわけではありません。
72時間を過ぎてしまった場合でも、妊娠を希望しないのであれば、できるだけ早く当クリニックへご相談ください。

モーニング・アフターピルの費用

モーニング・アフターピル:
ノルレボ錠
15,000円(税込)
その他のアフターピル:ヤッぺ法 5,000円(税込)
tel.072-292-3500 メール相談 24時間WEB予約 WEB予約ご利用方法
一番上に戻る